自然とゆるってく村人

昆虫やハ虫類、両生類、哺乳類などの生き物の生態や日々の自然観察について投稿していきます。

ヒラヒラと人気の昆虫 蝶①

公園や街中、山などたくさん見かけることのある蝶。

今回は蝶たちをご紹介します。

 

●蝶の生態

蝶は幼虫、蛹、成虫と段階をおって成長していきます。

幼虫は多くは葉を食べます。

成虫は花の蜜や樹液など種類により違ったものを摂取します。

蝶たちの口はストローのようになっていて普段はぐるぐると巻いていますが、使う時になるとそれを伸ばして蜜などを摂取します。

f:id:akatsuka117:20200719084331j:plain

 

蝶たちの羽には粉のようなものがついていますよね。

これは鱗粉と言います。

この粉は雨などの水分を弾いて、羽を守ってくれる役割をしています。

f:id:akatsuka117:20200719084344j:plain

鱗粉は再生したりしないため、捕まえる時に多くとってしまうと雨などを弾けなくなってしまうので注意が必要ですね。

基本的には昼行性です。

f:id:akatsuka117:20200719090344j:plain

 

●蝶の仲間の分類

蝶はいくつかの仲間に分類することができます。

  1. タテハチョウの仲間
  2. シジミチョウの仲間
  3. シロチョウの仲間
  4. アゲハチョウの仲間
  5. セセリチョウの仲間

それぞれの代表種も例に挙げながらご紹介します。

 

1.タテハチョウの仲間

中型から大型の種類です。

幼虫は毛や角が生えているものが多いです。

 

オオムラサキ

言わずと知れた有名種です。

オス綺麗な紫色で人気です。

黄色と白の斑点もあります。

f:id:akatsuka117:20200719062902j:plain

 

メスはオスのような青紫ではなく、茶色っぽい色に白い斑点をしています。

f:id:akatsuka117:20200719062912j:plain

 

雑木林に生息していて、樹液や蜜などを吸います。

時には糞などに集まっていることもあります。

羽音が大きく近くを飛んでいると羽音が聞こえてくるほどです。

幼虫の食草はエノキ類です。

 

ゴマダラチョウ

黒地に白い斑点や線模様の丸みのある三角の羽が特徴です。

ゴマダラチョウという名前もこの模様からきています。

f:id:akatsuka117:20200719063119j:plain

雑木林や自然がある公園などで見かけます。

樹液や果汁、糞などを吸います。

幼虫の食草はエノキ類です。

f:id:akatsuka117:20200719063130j:plain

 

・スミナガシ

こちらも雑木林でよく見られる蝶です。

青紫色に白い斑点や白いくの字の白斑が特徴の綺麗な蝶です。

f:id:akatsuka117:20200719063306j:plain

 

縄張りを持つ性質もあります。

樹液や果汁、糞などを吸います。

幼虫の食草はアワブキ類です。

f:id:akatsuka117:20200719063427j:plain

 

・ヒメジャノメ

茶色い羽に、真っ直ぐな白い模様、目のような模様があるジャノメチョウの仲間です。

ジャノメチョウは目のような模様があることが特徴です。

f:id:akatsuka117:20200719083221j:plain

明るい林や自然が多い場所でみられます。

こちらも果汁や樹液、糞などを吸います。

雑木林でよく見かけますよね。

幼虫の食草はイネ科の植物です。

f:id:akatsuka117:20200719083235j:plain

 

・キタテハ

中型で比較的見かける機会も多いのではないでしょうか?

オレンジっぽい羽に黒い斑紋、褐色の縁が特徴です。

f:id:akatsuka117:20200719083603j:plain

羽の先は尖っていて、羽の裏側は落ち葉のような色をしています。

花や樹液などを吸います。

幼虫の食草はクワ科です。

f:id:akatsuka117:20200719083612j:plain

 

ルリタテハ

黒っぽい羽に名前の通り瑠璃色の帯状の模様、白い模様が特徴です。

葉の裏はキタテハ同様枯れ葉のような色をしています。

f:id:akatsuka117:20200719083758j:plain

雑木林やその周辺、緑地などに生息します。

樹液や果汁、糞などを吸います。

時にはクワガタと一緒に樹液で発見することもあります。

縄張りも持つため、他のオスがくると激しく飛び追い立てます

幼虫の食草はユリ科サルトリイバラ科です。

f:id:akatsuka117:20200719083808j:plain

 

 

チョウを捕まえるなら虫網は必ず必要です。こちらが持ち運びもしやすくてオススメですよ。

エーワン 36cm口径捕虫網・昆虫DEKA36 KAZ-36

価格:2,219円
(2020/7/19 08:57時点)
感想(0件)

 

●オススメの本

日本で見られる在来種・外来種のチョウの図鑑です。

よく見られる蝶や、大まかなグループごとに分けられていて探しやすく、ハンドブックサイズで持ち運びもしやすく便利ですよ。 

増補改訂版 日本のチョウ 日本産全種がフィールド写真で検索可能 (フィールドガイド) [ 日本チョウ類保全協会 ]

価格:1,980円
(2020/7/19 08:46時点)
感想(2件)

 チョウの一生やチョウの生態について紹介している本です。

普段見ることができないチョウの側面やチョウについてのコラム、チョウと画の違いなどが書かれておりオススメの一冊です。

チョウのなかま (海野和男のワクワクむしずかん) [ 海野和男 ]

価格:1,540円
(2020/7/19 08:56時点)
感想(0件)

 

 

●最後に

次回はシジミチョウ、アゲハチョウ、シロチョウなどの仲間をご紹介します。

自然観察や公園を訪れた際はぜひみてみてください。