自然とゆるってく村人

昆虫やハ虫類、両生類、哺乳類などの生き物の生態や日々の自然観察について投稿していきます。

夏の風物詩 セミ

言わずと知れた夏の虫セミ

いろいろな鳴き声や見た目をしています。

今回は身近で見られるセミたちをご紹介します。

 

セミの生態

セミカメムシの仲間に分類されます。

細長い体に長い口器、短い触覚が特徴です。

体長、体色は種類により様々です。

飛翔能力が高くよく飛び、速度もまぁまぁ早いです。

f:id:akatsuka117:20200726102625j:plain

 

セミよく鳴くことで有名です。

鳴き声や鳴き方は種を判別するのに良い手がかりとなります。

自然の多い場所から都心の公園などまで幅広く生息しています。

基本的には昼行性ですが、走光性もあるため夜、街頭に飛んでいる場面もよく見かけます。

 

セミ卵→幼虫→成虫と変化していきます。

卵は枯れ木や樹皮の裏や隙間に産み、卵から孵化した幼虫はその後土に潜ります

f:id:akatsuka117:20200726102719j:plain

幼虫は木の根に口器を突き刺して養分を吸って生きています。

幼虫は数年間地中生活を行い、その後地上に出てきます。

地上には深夜から明け方までに出てくることが多いです。

しかし近年では地面に潜っている間に開発によって地面がコンクリートで固められてしまっている場合があります。

その場合出てこれずに土の中で死んでしまうのです。開発によってセミも減ってしまいそうですよね。

f:id:akatsuka117:20200726102659j:plain

成虫の寿命は1週間とも言われていますが、実際は2週間から1ヶ月程度と言われています。

成虫は木に口器を差し込み、樹液を吸っています

幼虫、成虫ともに木から養分を吸っています。

 

セミよくひっくり返っていることがありますがこれには理由があります。

飛んだ時に何かにぶつかって落ちてしまう時に重心が背中に偏るためひっくり返って落ちてしまうのです。

f:id:akatsuka117:20200726102839j:plain

またセミは飛ぶ時におしっこを飛ばすと言われています。

これは膀胱が弱いからや、体を軽くするためなど色々な説が唱えられています。

セミは飛ぶ時だけでなく木の液を吸っている時もよくおしっこをします。

セミのおしっこはほとんど水分で有害物質は含まれていません

 

●身近で見られるセミ


アブラゼミ

f:id:akatsuka117:20200726104214j:plain

黒っぽい体に茶色い羽が特徴です。

最も身近なセミとも言えます。

ジーと鳴きます。

f:id:akatsuka117:20200726102646j:plain

 

・ミンミンゼミ

f:id:akatsuka117:20200726104202j:plain

緑と黒の頭に透明な羽が特徴です。

このセミの声は夏が来たーと思わせてくれます。

「ミーンミンミンミー」と鳴きます。

f:id:akatsuka117:20200726103150j:plain

 

ツクツクボウシ

f:id:akatsuka117:20200726103950j:plain

茶色と緑の体色で緑が強いです。

胸にWマークがあるのも特徴です。

小型のセミです。

名前の通り「ツクツクボーシ」と鳴きます。

f:id:akatsuka117:20200726103331j:plain

 
・ヒグラシ

f:id:akatsuka117:20200726104019j:plain

ツクツクボウシと似ていますが茶色が強めな体に、Wマークはありません

小型のセミです。

夕方や明け方に「カナカナカナー」と鳴きます。

f:id:akatsuka117:20200726103355j:plain

 

ニイニイゼミ

f:id:akatsuka117:20200726103502j:plain

羽がマダラ模様でずんぐりとしたのが特徴の小型のセミです。

「ニー」とちょっと耳にキーンとくるような声で鳴きます。

抜け殻には泥がついています。

f:id:akatsuka117:20200726103513j:plain

 

クマゼミ

f:id:akatsuka117:20200726103701j:plain

真っ黒な体に透明な羽が特徴です。

大型のセミです。

「シャワシャワシャワ」と鳴きます。

本来は九州などがメインの生息地でしたが温暖化の影響により生息地が北上し、近年では関東圏内でも見ることができます。

樹木を移動する際に土と一緒に幼虫が運ばれてきてしまったという説も言われています。

f:id:akatsuka117:20200726103714j:plain

 

 

折り畳みができる虫網は持ち運びがしやすくて便利ですよ。

昆虫ハンター PATANT 36 Bタイプ 【 昆虫採集 網 捕虫網 虫取り網 捕獲網 虫捕り網 昆虫網 アミ 】

価格:3,638円
(2020/7/26 10:18時点)
感想(0件)

 

 

●オススメの本

 日本で見られるセミ全種類が記載されている図鑑です。

写真や鳴き声、特徴など詳しく書かれていて、コラムもあり非常に便利でオススメな図鑑です。

セミハンドブック [ 税所康正 ]

価格:1,760円
(2020/7/26 10:13時点)
感想(0件)

 セミの生態や体の仕組みについて詳しく紹介している本です。

鳴き声の仕組みやセミの一日の過ごし方などが書かれており読みごたえがある本です。

セミの一生新装版 (科学のアルバム) [ 佐藤有恒 ]

価格:1,650円
(2020/7/26 10:14時点)
感想(1件)

 

 


●最後に

昔はあみと虫かごをもって色々なセミを追っかけ回したものです。

おかげで途中からは素手で捕まえる癖がつきました。

近年はどこでも見られるというわけでは無くなってしまいましたがたくさんいる場所では捕まえたくなる衝動に駆られてしまいます。

セミの鳴き声が聞こえたらききながらぼーっとするのもオススメです!