自然とゆるってく村人

昆虫やハ虫類、両生類、哺乳類などの生き物の生態や日々の自然観察について投稿していきます。

水生カメムシ③ コオイムシ

背中に卵をのっけてるあの水生昆虫です。

今回はコオイムシについてご紹介していきます。

水生カメムシ1.2はこちらからどうぞ

akatsuka117.hatenablog.com

akatsuka117.hatenablog.com

 

 

 

コオイムシの生態

コオイムシカメムシの仲間に分類されます。

体長はあまり大きくなく平べったいイメージです。

卵を乗っけてる個体はよく知られていますが乗っけていない個体の方が個人的にはよく見かけます。

f:id:akatsuka117:20200626154331j:plain

 

お尻には細長い呼吸管があり、それで呼吸を行います。

前脚はカマのようになっていてこれを使って獲物を捕まえることができます。

f:id:akatsuka117:20200626154400j:plain

 

比較的浅い水域を好み、流れの緩やかな水路やため池に生息します。

水草など足場が多いところも好みます。

晴れてる日には体を乾かす習性も持っています。

 

食性は肉食で小魚や貝、水に落ちた生き物などを前足のカマで捉えて尖った口器で吸汁します。

冬眠も行います。

他の水生昆虫同様に生息環境の減少や農薬の影響であまりみられなくなっている昆虫の一種でもあります。

f:id:akatsuka117:20200626154509j:plain

 

コオイムシの繁殖活動

コオイムシと言ったらオスが背中に卵を背負っている姿です。

コオイムシオスが卵を保護する習性を持っています。

メスがオスの背中に卵を産み、それを背負ったまま活動します。

名前のコオイムシもここから由来しています。

f:id:akatsuka117:20200626154425j:plain

 

オスはメスに水面に波をつくり求愛を行います。

オスは卵を背負うと飛ぶことが出来ませんが、活動自体は普通に行います。

しかし他のオスに卵を食べられてしまうこともあります。

卵は孵ると親子でもある程度の個体関係になってしまうので子供が親に捕食されてしまうこともあります。

f:id:akatsuka117:20200626154446j:plain

 

 

水生昆虫の観察にはタモが欠かせません。こちらがオススメです。 

玉網 1.65m T-122 TOISTAX ワンタッチネット タモ網 フィッシング 釣り アルミ製 たも タモ 網 三角 伸縮 折りたたみ 網 小継 釣り具

価格:1,980円
(2020/6/26 15:52時点)
感想(105件)

 

 

オススメの本

日本で見られる水生昆虫全般についての図鑑です。

それぞれの写真とともに解説されていてわかりやすく、この本があれば水生昆虫についてはかなり語れるようになれますよ。 

日本の水生昆虫 (ネイチャーガイド) [ 中島 淳 ]

価格:5,500円
(2020/6/26 15:47時点)
感想(0件)

 水生カメムシについての図鑑です。

よく見られる種類が載っていて、ハンドブックサイズで持ち運びもしやすく野外活動の際には必要な図鑑でオススメです。

タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫 2) [ 三田村敏正 ]

価格:1,760円
(2020/6/26 15:48時点)
感想(2件)

 

最後に

あまり王道の水生昆虫とは言えませんが卵を背負った姿は魅力的です。

是非探してみてください。