自然とゆるってく村人

昆虫やハ虫類、両生類、哺乳類などの生き物の生態や日々の自然観察について投稿していきます。

意外とカラフルな昆虫 カナブン

カブトムシやクワガタと一緒に樹液を吸っているカナブン。

今回はカナブンをご紹介します。


●カナブンの生態

カナブンは甲虫でハナムグリの仲間に分類されます。

ハナムグリの仲間はこちらからどうぞ

akatsuka117.hatenablog.com


中型から大型のハナムグリで、四角い頭部に光沢のある五角形のような胴体をしています。

f:id:akatsuka117:20200806184619j:plain

平野部から山間部まで幅広く生息していて、里山や河原、雑木林などで見ることがあります。

飛翔能力が高いため飛んでいくとすぐに見失ってしまいます。

f:id:akatsuka117:20200806184738j:plain

 

また頻繁に飛ぶため、捕まえたりしてもすぐに飛んで逃げていこうとします

カナブンは刺激を感じるとおしっこをすることがあります。

これがまたなかなか臭いので捕まえる際は注意が必要ですね。


基本的に昼行性ですが夜に活動している個体も見かけます。

暑すぎる日などは活動を行わず、日陰の木の幹などで止まって休んでいることが多いです。

f:id:akatsuka117:20200806184757j:plain

また夜に街灯に飛来してくることもあります

食性は草食で、成虫は樹液や果実の汁などを吸っています。

幼虫は腐食物を食します。

産卵は腐葉土や土中に行います。

生態としてはシロテンハナムグリなどと似ていますがカナブンは越冬を行いません

f:id:akatsuka117:20200806185115j:plain

個体によって色の変化もある昆虫です。

基本的には銅色の体色をしていますが、青色や赤っぽいもの、紫っぽいものなどをまれに見ることが出来ます

 

●カナブンの仲間たち

アオカナブン

f:id:akatsuka117:20200806185233j:plain

エメラルドのような光沢のある緑の体色をしています。

山間部を好んで生息しています。

f:id:akatsuka117:20200806185211j:plain

 

クロカナブン

真っ黒な光沢のある体色をしています。

アオカナブンに比べると都市部の公園などでも見かけることがあります。

f:id:akatsuka117:20200806185519j:plain

 

 樹液にいる虫たちを観察するのには虫網が欠かせません。

エーワン 36cm口径捕虫網・昆虫DEKA36 KAZ-36

価格:2,219円
(2020/8/6 19:08時点)
感想(0件)

 

●オススメの本

よく見られる甲虫を紹介している図鑑です。

掲載されている種数も多く、カナブンはもちろんハナムグリなども紹介されているのでオススメです。 

くらべてわかる甲虫1062種 (くらべてわかる図鑑)

価格:1,980円
(2020/8/6 19:00時点)
感想(1件)

 変わった形や面白い生態を持った甲虫の本です。

丸くなるマンマルコガネなど面白い種類を紹介していて読んでいて楽しい本でオススメです。

とんでもない甲虫 [ 丸山宗利 ]

価格:1,430円
(2020/8/6 19:05時点)
感想(0件)

 


●最後に

カナブンは様々な色がいて魅力的な昆虫です。

しかしアオカナブンクロカナブンは近年数を減らしてしまっています。

樹液の争奪戦ではちょこまかと動き、頭突きを繰り返し頑張っている姿は健気で可愛いので観察してみるのもオススメです!

個人的にとても好きな昆虫です。笑