自然とゆるってく村人

昆虫やハ虫類、両生類、哺乳類などの生き物の生態や日々の自然観察について投稿していきます。

アリジゴクって何の幼虫?

アリジゴクってよく聞くけど、どんな生き物なの?

意外と知らない人も多いと思います。

アリジゴクとはウスバカゲロウという昆虫の幼虫なのです。

今回はそのカゲロウについても紹介していきます。

 

f:id:akatsuka117:20200416084305j:plain

 

まずカゲロウとは?

カゲロウは、分類としてはカゲロウとアミメカゲロウの二つに分けられます。

それぞれの違いについてご説明します。

 

  • カゲロウ

幼虫

ほとんどが水生

多くは尻から触覚のようなものがはえている

f:id:akatsuka117:20200416093101j:plain

全体的に平べったいイメージ、ガニ股

 

成虫

食事をしない

寿命は数日程度

f:id:akatsuka117:20200415190713j:plain

 成虫になっても尻尾のようなものが残ります。

 

 

  • アミメカゲロウ

幼虫

多くは陸生

アリジゴクや一見ごみのように見えるものなど種により幼虫の形態は様々です。

 

成虫

詳しくは解明されていないが、体内から小さい昆虫の残骸が発見されたこともあるため肉食性と思われる。

寿命は長いものだと1ヶ月程 

f:id:akatsuka117:20200416082403j:plain

尻尾のようなものはありません。

 

以上が大まかなカゲロウとアミメカゲロウの違いとなります。

意外と違う生き物なんだとわかっていただけたのではないでしょうか?

 

ではアリジゴクの成虫ウスバカゲロウはどちらに属するのでしょうか。

ウスバカゲロウは幼虫が陸生なことからも分かるようにアミメカゲロウに属します。

 

アリジゴク


 

名前の通りアリにとっては地獄のような昆虫です。

神社の境内など巣を作り、アリやダンゴムシなどの小さな虫の体液を吸って生きています。

アリジゴクから獲物が逃げそうな時は砂をかけるなど、面白い行動もしますので、見かけたらじっくりと観察したらそんな姿も見れるかもしれませんね。

f:id:akatsuka117:20200416083817j:plain

余談ですが アリジゴク釣りといった採集方法も面白いですよ。

草の茎などでアリジゴクの巣をちょいちょいやっているとアリジゴクが釣れたりします。

ぜひ試してみてください! 

 

 

オススメの本 

 こちらはアリジゴクの巣の作り方や成虫になる過程などより詳しくアリジゴクの生態がしっかりと解説されています。

アリジゴクほか観察記 (写真絵本ぼくの庭にきた虫たち) [ 佐藤信治 ]

価格:1,980円
(2020/4/16 10:18時点)
感想(0件)

ここでは触れていないアミメカゲロウに属するクサカゲロウの一生について書かれています。クサカゲロウは見かける事も多いので知ってみる良い機会です!

クサカゲロウ観察記 (写真絵本ぼくの庭にきた虫たち) [ 佐藤信治 ]

価格:1,980円
(2020/4/16 10:25時点)

おなじみ原色図鑑です。

川で見られる昆虫類について記載してあります。

カゲロウ の幼虫をより詳しく知れますよ!

原色川虫図鑑 成虫編 カゲロウ・カワゲラ・トビケラ [ 丸山 博紀 ]

価格:6,600円
(2020/4/16 10:31時点)
感想(1件)

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか!

今回はアリジゴクと一緒にカゲロウや成虫についても簡単に紹介させていただきました。

噛むこともなく無毒なので見かける機会があったらぜひ観察してみてはどうでしょう。

 

f:id:akatsuka117:20200416084119j:plain