自然とゆるってく村人

昆虫やハ虫類、両生類、哺乳類などの生き物の生態や日々の自然観察について投稿していきます。

有名な水生昆虫 ゲンゴロウ

昔から水生昆虫の代表種であったゲンゴロウ

近年は見られる機会も減ってきてしまっています。

今回はそんなゲンゴロウについてご紹介します。

 

ゲンゴロウの形態

ゲンゴロウ甲虫の仲間に分類されます。

他の水生昆虫代表のタガメなどはカメムシの仲間に分類されるので別の仲間になりますね。

ゲンゴロウは漢字で源五郎と書きます。ナミゲンゴロウとも呼ばれ、知られています。

f:id:akatsuka117:20200718094556j:plain

5センチ前後でつるつるの平べったい楕円形をしています。

緑っぽい体に、黄色い縁が特徴的です。

黄色い縁はお尻の方に向かうにつれ細くなっていきお腹は黄色くなっています。

他の似ている種類と見分ける時はこの縁とお腹の色を目安にすると見分けやすいです。

f:id:akatsuka117:20200718103143j:plain

 

前脚は鋭い爪のようになっていて、獲物を捕らえるのに役立てます。

後ろ足は大きく毛が生えていて、泳ぐためのオールのような役割をしています。

幼虫オオアゴがついたイモムシのような形をしていて、黒い斑点があります。

 

ゲンゴロウの生態

ゲンゴロウある程度水深があり、水草などが繁った止水域を好みます

そのため沼やため池、水路などに生息しています。

また生息地の水の周りが森や林などの場合の方がよく見かけます

f:id:akatsuka117:20200718094931j:plain

 

気門から空気呼吸を行うため、定期的に水面に上がってくる姿が見られます。

幼虫も同じように呼吸を行います。

泳ぎがとてもうまく、素早いため泳いでいるところを捕まえるのはなかなか難しいです。

幼虫は泳ぎがあまりうまくないため、水深の深めなところでは水草などにつかまっていることが多いです。

f:id:akatsuka117:20200718094954j:plain

 

食性は肉食です。

前足の鋭い爪で獲物を捕まえ、鋭いアゴで噛み付きます。

しかし生きた元気な生き物を捕食するよりかは、弱っていたり死んでいたり、動きが鈍いものを襲うことが多いです。共食いもあまり行いません。

小魚や小昆虫などを食します。

とても嗅覚が鋭いため、弱っていたり怪我をした獲物をすぐに感じ取り、素早く狙いに行くことができます。

f:id:akatsuka117:20200718095807j:plain

 

幼虫も肉食ですが成虫よりも積極的な捕食を行い、小魚や小昆虫、小さい生き物が動くと待ち伏せをして捕らえます。

共食いもよく行い、素手で捕まえた際に噛まれることもあるので幼虫はとても注意が必要です。

気が荒いですね。

f:id:akatsuka117:20200718095947j:plain

 

成虫は飛ぶこともでき、走行性があるため夜間に外灯の下などに飛来することもあります。

水からでて甲羅干しを行う姿を見かけることもあります。

交尾の際は水草に卵を産みつけます

ゲンゴロウ身の危険を感じるととても臭い液を分泌することがあります。

触る際は注意しましょう。

成虫は越冬も行います。

f:id:akatsuka117:20200718103211j:plain

 

ゲンゴロウ保全

かつては身近な昆虫として有名だったゲンゴロウですが近年は全然見ることがありません

原因はいくつか考えられます。

  1. 外来種による競合、捕食
  2. 開発による生息地の減少
  3. 農薬による減少
  4. 生活排水などの水質汚染
  5. 珍しくなった故の採集圧

などが減少に拍車をかけました

ここまで色々な側面があると減少してしまうものです。

f:id:akatsuka117:20200718105446j:plain

 

近年では保全として生息地を作ったり、数を飼育下で増やしたりなどが行われています。

野生個体を捕まえる際はその場所を公表しないことや、持ち帰ることを控えるなどが必要になって来ますよね。

f:id:akatsuka117:20200718105509j:plain

 

 

水生昆虫採集にはタモが欠かせません。

玉網 1.65m T-122 TOISTAX ワンタッチネット タモ網 フィッシング 釣り アルミ製 たも タモ 網 三角 伸縮 折りたたみ 網 小継 釣り具

価格:1,980円
(2020/7/18 10:15時点)
感想(111件)

 

 

●オススメの本

 ゲンゴロウについて詳しく紹介されている図鑑です。

ゲンゴロウが現在絶滅の危機にあること、これからどうしていくべきなのかが書かれていてオススメの一冊です。

よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然) [ 西原昇吾 ]

価格:3,190円
(2020/7/18 10:05時点)
感想(0件)

 水生の甲虫の図鑑です。

ゲンゴロウをはじめとした甲虫たちがわかりやすく書いてあり、ハンドブックなので持ち運びもしやすくてオススメです。

ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシ ハンドブック (水生昆虫1 1) [ 三田村敏正 ]

価格:1,980円
(2020/7/18 10:08時点)
感想(2件)

 

 

●最後に

近年身近で見られなくなっている生き物の一種のゲンゴロウ

いつか保全に成功して見られる機会が増えることを願いたいです。