自然とゆるってく村人

昆虫やハ虫類、両生類、哺乳類などの生き物の生態や日々の自然観察について投稿していきます。

身近な両生類 カエル③

①、②はこちらからどうぞ

akatsuka117.hatenablog.com

akatsuka117.hatenablog.com

今回はアカガエルの仲間をご紹介します。


●アカガエルの仲間

ニホンアカガエル

小型から中型で、赤褐色をしたカエルです。

鼻先から背中までの筋が真っ直ぐ伸びていることが特徴です。

ここで他の種と判別出来ます

f:id:akatsuka117:20200806162943j:plain

自然の多い平地に多く、草むらや森林、田んぼなどに生息しています。

1月あたりにも産卵を行う種類です。

産卵は田んぼや山地の水たまりなどで行います。

近年開発や生息地減少により数を減らしているカエルの一種です。

f:id:akatsuka117:20200806162951j:plain


ヤマアカガエル

小型から中型で赤っぽいものや褐色の体色をしています。

アカガエルとよく似ていますがヤマアカガエル鼻先からの筋が鼓膜あたりで一度外へ

曲がっていることで判別を行えます。

f:id:akatsuka117:20200806163255j:plain

山間地に多く、小川や池付近の森林に生息しています。

池や湿地などの水中に産卵を行います。

近年では地区によってレッドリストに登録している場合もあります。

f:id:akatsuka117:20200806163309j:plain


・タゴガエル

小型から中型で赤褐色や褐色をしています。

鼻先からの筋は鼓膜の上で外に曲がるためヤマアカガエルに似ていますが、筋はあまり目立たなく喉の下にマダラ模様があるためそこで判別します。

f:id:akatsuka117:20200806164025j:plain

山間部の渓流や水辺に生息しています。

渓流付近の水たまりや流れが緩やかな場所に産卵を行います。

f:id:akatsuka117:20200806174440j:plain


・ツチガエル

小型から中型のカエルで灰色や黒のマダラ模様の体色をしています。

見た目はヌマガエルとよく似ていますがイボがたくさんあること、お腹もマダラ模様なことで判別が出来ます。

f:id:akatsuka117:20200806164233j:plain

田んぼや渓流、川付近など水辺の近くに生息しています。

人里近い水辺でも見かけることできます。

田んぼや川の水たまりなどの水中に産卵を行います。

近年は見かける機会が減ったように感じるカエルの一種です。

f:id:akatsuka117:20200806171826j:plain


・トノサマガエル

小型から中型で、褐色から緑色の体色をしています。

背中の中央に線が入ることが多く、黒い斑紋の模様も繋がっていることが多いです。

ここで似た種と判別を行います。

f:id:akatsuka117:20200806164557j:plain

後ろ足が長くジャンプが得意です。

関東周辺以外の池や田んぼなどに生息しています。

そのため関東では見かけません。

逃げ足もとても早く、縄張り意識がとても高いカエルです。

田んぼや池の水中に産卵を行います。

f:id:akatsuka117:20200806164608j:plain

時には鳴き声を出さずに他の雄の縄張りに身を潜めて、メスを横取りすることもあります。
これをスニーカーと呼ばれています。

魚などに多い行動ですよね。

年々姿を消しているカエルで、レッドリストにも登録されています。


ダルマガエル

小型から中型で、緑色や褐色をしています。

背中に線が入ることが多いですが、黒い斑紋模様はつながらないことが多いです。

この点で似た種のトノサマガエルと判別を行います。

後ろ足もトノサマガエルほど長くありません。

f:id:akatsuka117:20200806165033j:plain


西日本ではゴヤダルマガエル

東日本ではトウキョウダルマガエル

と言ったイメージで分けられています。

田んぼや池に生息していて、産卵もその水中に行います

ダルマガエル縄張り意識がとても高いカエルです。

ダルマガエル地区によりレッドリストに登録されていて見る機会が減っているカエルです。


ウシガエル

大型のカエルで緑色や褐色をしています。

お腹は白く、足の水かきがとても発達していて泳ぎが得意です。

f:id:akatsuka117:20200806165156j:plain


田んぼや川、池、湿地など幅広く生息しています。

夜行性で夜になると活発に行動を行います。

外敵から逃げるのが得意で、見かけても近づくとすぐに跳んで逃げたり、水中に潜り込んだりとなかなか捕まえることが難しいカエルです。

名前にもウシとついているように大きな声でブォーブオーと鳴きます

たくさんの個体がいると少し離れている場所でも聞こえてくるほどの鳴き声の大きさです。

f:id:akatsuka117:20200806165244j:plain


捕食力も高く、昆虫、魚、爬虫類、両生類、甲殻類、鳥、ネズミなど口に入るものはなんでも食べる傾向にあります。

共食いも行います。

産卵は生息地の流れの緩やかな水中で行います。

よく知られるようにウシガエル外来種です。

アメリカから来たカエルで幅広く生息できる点と口に入るものはなんでも捕食する点からも日本の生態系に莫大な影響を与えています。

アメリカザリガニもこのウシガエルの餌として持ち込まれました。

食用として持ち込まれたウシガエルですが必要がなくなると近くに逃されてしまいここまで増えてしまったと言われています。

人間自らの手で生態系を破壊してしまったのですよね。

世界的に危惧されていて、各地の生態系を脅かすウシガエルですが色々な背景を考えるとウシガエルだけを責めることはなかなか出来ませんよね。

f:id:akatsuka117:20200806165413j:plain

 

 

生き物採集する際は手袋があると非常に便利ですよ。

【メール便OK 3双まで】最高の作業性!!薄手 作業手袋 グリップ力抜群【PUライナーα】富士グローブ PROHANDS プロハンズ作業用手袋 女性用Sサイズ 操法手袋

価格:950円
(2020/8/6 16:59時点)
感想(16件)

 

 

●オススメの本

 カエルに関してマスターしたいという方のための図鑑です。

カエルが好きでどうしようもない方は是非こちらの図鑑がオススメですよ。

日本カエル図鑑改訂版 [ 前田憲男 ]

価格:27,500円
(2020/8/6 16:55時点)
感想(1件)

 よく耳にすることがあるカエルの鳴き声で判別できる図鑑です。

こちらの図鑑があれば姿は見えなくても何の種類のカエルがいるか判別することができます。

声が聞こえる!カエルハンドブック [ 前田憲男 ]

価格:1,540円
(2020/8/6 16:56時点)
感想(0件)

 

 


●最後に

たくさんのカエルたちをご紹介しましたが、身近なカエルと言っても減っていてしまっているカエルが多いですよね。

開発や生息地の減少、外来種ウシガエルとの競合でいずれ今まで観察できていたカエルも見かけなくなってしまうのでしょうか。

守っていきたいものです。

山や自然の多い場所の水辺では色々なカエルが見られるのでカエル探しに出かけてみてください!

身近な両生類 カエル②

①はこちらからどうぞ

 

akatsuka117.hatenablog.com


前回に引き続きカエルをご紹介します。


●アマガエルの仲間たち

・アマガエル

よく知られるカエルの一種ではないでしょうか。

小型のカエルで鼻筋から目、鼓膜ににかけて黒っぽい筋と丸い口先が特徴です。

f:id:akatsuka117:20200806153937j:plain

 

指先には吸盤があるのでガラス面や壁などに張り付くことが出来ます。

体色は保護色をしているので緑やマダラ模様、褐色など温度や環境によりそれぞれです。

f:id:akatsuka117:20200806154002j:plain

稀に色素変異個体がいることでも知られています。

色素変異の個体は青や黒、黄色などがいます。

ポケモンで言う色違いくらいなかなか目にしません。

f:id:akatsuka117:20200806154306j:plain


注意点として体の表面に毒があります。

必ず触ったら目などを擦らずに手を洗うようにしましょう。

田んぼや水辺付近の里山や森林に生息しています。比較的身近でも見かけることの多い種です。

雨の日には雨鳴きを行うカエルです。

水中に産卵を行います。


ヒキガエルの仲間

ニホンヒキガエル
・アズマヒキガエル


ヒキガエルもアマガエル同様よく知られているカエルです。

大型のカエルで茶色っぽい体や黒っぽいもの赤褐色のもの、マダラ模様のものなど個体により体色や模様は様々です。

背中にイボのようなものがいくつもあることも特徴の一つです。

f:id:akatsuka117:20200806155126j:plain

 

この2種は生息地で大まかな判別が行えます。

西日本がニホンヒキガエル
東日本がアズマヒキガエルといったイメージです。

しかしながら場所によりどちらも生息している場合があります。

その場合は目と鼓膜の長さで判別をします。

目と鼓膜の間が鼓膜くらいなのがニホンヒキガエル

目と鼓膜の間が鼓膜よりも短いのがアズマヒキガエルです。

f:id:akatsuka117:20200806155042j:plain

ニホンヒキガエル

f:id:akatsuka117:20200806154848j:plain

アズマヒキガエル

自然の多い場所から都心の公園まで幅広く生息しています。

こちらも刺激すると毒を分泌するので触った後は必ず手を洗いましょう。

むやみに刺激もしないようにしましょう。


夜行性で夜に徘徊することが多いです。

産卵時や幼生時代は水辺で過ごしますが、それ以外は基本的に水辺がなくても生きていくことが可能なカエルです。

止水の池や水たまり、田んぼなどの水中に産卵を行います。

f:id:akatsuka117:20200806155507j:plain


●ヌマガエルの仲間たち

・ヌマガエル

小型から中型のカエルで褐色のような体色から灰色のような体色をしています。

背中に小さなイボがあり、お腹が白いのが特徴です。

f:id:akatsuka117:20200806155750j:plain

似たようなツチガエルとはお腹の色で判別が出来ます。

田んぼや池、川など水辺が近くにある場所に生息しています。

水中に産卵を行います。

f:id:akatsuka117:20200806155807j:plain

 

 生き物を観察するのには虫カゴがあると観察しやすくて便利ですよ。

【最大400円OFFクーポン有】 飼育ランド CY-L パールブルー ブラック 虫かご むしかご 虫籠 虫入れ カブトムシ クワガタ 昆虫採取 夏休み 自由研究 飼育観察 アイリスオーヤマ Pet館 ペット館 楽天

価格:774円
(2020/8/6 16:06時点)
感想(0件)

 

 

 

●オススメの本

日本で見られる両生類をまとめて調べることができる図鑑です。

図鑑だけでなくカエルにまつわるコラムも書かれており、持ち運びもしやすく野外活動に欠かせません。 

日本のカエル+サンショウウオ類 増補改訂新版【電子書籍】[ 奥山 風太郎 ]

価格:1,760円
(2020/8/6 16:00時点)
感想(1件)

両生類の成体ではなく子供のオタマジャクシの図鑑です。

見分けるのが難しいオタマジャクシもこちらの図鑑があれば何のオタマジャクシか判別することができてオススメです。

カエル・サンショウウオ・イモリのオタマジャクシハンドブック [ 松井正文 ]

価格:1,540円
(2020/8/6 16:01時点)
感想(2件)

  


●最後に

今回はアマガエルやヒキガエルなど見かける機会が多いカエルをご紹介しました。

次回はアカガエルの仲間をご紹介します。

身近な両生類 カエル①

キャラクターになっていたり、マスコットになっていたりとなにかと人気のカエル。

今回はそんなカエルについてと、見かける機会がある種類をご紹介します。


●カエルの生態

三角の頭、飛び出た目、大きな口、発達した後ろ足が特徴です。

この発達した後ろ足で大きくジャンプを行い敵から逃げたり、餌を捕まえるだけでなく、泳ぐこともできます。

前足はジャンプの衝撃を和らげたり、餌を押さえたり、土を掘るなどと用途は多様です。

f:id:akatsuka117:20200801013344j:plain

アマガエルの仲間などは吸盤もあるので壁などに張り付くことも出来ます。

カエルはカエルの形になる前にオタマジャクシと呼ばれる状態になります。

オタマジャクシは足がありませんが尻尾があります。

オタマジャクシは水中で生活を行なっています。

成体は肺呼吸と皮膚呼吸を行いますが、オタマジャクシはえら呼吸をします。

f:id:akatsuka117:20200801013507j:plain

 

カエルはほとんどが水辺で生活をしています。種類によっては産卵時と幼生時のみ水辺を利用するものや、樹上生活を行うものまで様々です。

食性は肉食で、昆虫や甲殻類などを食します。

誤って異物を飲み込んでしまった場合は胃袋を吐き出すことも出来ます。

オタマジャクシは藻や死骸、微生物などを食べます。

 卵は水中に産むもの、木の上に生むものなどなどがいます。

カエルは食物連鎖において重要な立ち位置の生き物としても有名です。

へびや鳥の餌にもなり、昆虫などの数々の抑制にもつながる中間あたりに位置しています。

f:id:akatsuka117:20200801013539j:plain

 

カエルは目的によって鳴き声も使い分けています

いくつかご紹介します。

 

・求愛

オスがメスを呼ぶための鳴き声です。
他のオスに縄張りをアピールする意味合いもあります。


・警戒

敵が近づいた時の鳴き声です。
逃げる時などに発します。

 

・解除

オスが他のオスにメスと間違えて交尾しようと抱きついてきた時の鳴き声です。
これによりオスを引き離します。

 

・雨鳴き

雨が降っている時の鳴き声です。


このようにいくつかの鳴き声を使い分けています。


●アオガエルの仲間たち


モリアオガエル

大きめの緑や褐色をしたカエルです。

目が赤っぽいのが特徴です。

f:id:akatsuka117:20200801013254j:plain

指先には吸盤が付いていて木に登るのが得意です。

自然の多い山地や里山に生息しています。

水辺の木の上や草の先などに泡のような卵を生みます。

f:id:akatsuka117:20200801013312j:plain

各地で数を減らしているカエルで地区によっては天然記念物に指定されます。

f:id:akatsuka117:20200801013322j:plain


シュレーゲルアオガエル

緑や褐色をしています。

モリアオガエルより少しだけ小さく、目が黄色いのが特徴です。

f:id:akatsuka117:20200801013904j:plain

田んぼや森林に生息しています。

水辺の岸辺の草むらや土に泡のような卵を産みつけます。

f:id:akatsuka117:20200801013917j:plain


カジカガエル

褐色をしていてとても平べったいのが特徴です。

とても綺麗な声で鳴きます

f:id:akatsuka117:20200801014107j:plain

山地の渓流や水辺に生息しています。

水中の石の下などに卵を産みます。

f:id:akatsuka117:20200801014117j:plain

オタマジャクシは渓流でも流されないように口の吸盤のようなもので石に張り付くことができます。

f:id:akatsuka117:20200801014154j:plain

 

 

生き物を採集する時に手袋があると安全でオススメです。

【メール便OK 3双まで】最高の作業性!!薄手 作業手袋 グリップ力抜群【PUライナーα】富士グローブ PROHANDS プロハンズ作業用手袋 女性用Sサイズ 操法手袋

価格:950円
(2020/8/2 16:47時点)
感想(16件)

 

 

●オススメの本

日本で見られるカエル全種類を紹介した図鑑です。

よく見られるカエルから珍しいカエルまでわかりやすく紹介されていてオススメの一冊です。

日本のカエル48偏愛図鑑 東大生・さこの君のフィールドノート/迫野貴大【合計3000円以上で送料無料】

価格:1,760円
(2020/8/2 16:36時点)
感想(0件)

 日本の爬虫類・両生類の図鑑です。

季節ごとに見られる種類を紹介しており、他にも場所ごとにも解説をしていてハンドブックサイズで野外活動にオススメです。

日本の爬虫類・両生類観察図鑑 フィールドガイド [ 川添宣広 ]

価格:1,980円
(2020/8/2 16:44時点)
感想(2件)

 

 

●最後に

カジカガエルの鳴き声はとても綺麗で人気ですよね。

アオガエルの仲間は基本的には自然の多い場所に生息していますので、山などにいったら観察してみてください!

他の種類は②でご紹介します。

擬態のスペシャリスト? ナナフシ

思わず木の枝や葉の茎だと思ってしまうナナフシ。

擬態を行うことで有名です。

今回はナナフシをご紹介します。


●ナナフシの生態

よくナナフシと呼ばれているのはナナフシモドキとエダナナフシという種類です。

基本的にはナナフシモドキの方をナナフシと呼びます。

漢字で七節と書きます。

細長い体に長い足が特徴です。

木の枝や葉の茎に擬態することでも有名な昆虫なので体色は緑や茶色などといった植物に似たような色をしています。

ナナフシモドキは触覚が短くエダナナフシは長い触覚を持っていることで判別することができます。

f:id:akatsuka117:20200729114702j:plain

エダナナフシ

f:id:akatsuka117:20200729114742j:plain

ナナフシ(ナナフシモドキ)

 

食性は草食コナラやクヌギ、サクラなどの葉を食べています。

羽が退化しているため飛ぶことは出来ません

基本的に食草の葉や枝その付近で見つけること多く、探す時は食草付近を探すと見つけやすいです。

ナナフシモドキは都市部までみかけエダナナフシは自然の多い場所に生息するイメージが強いです。

f:id:akatsuka117:20200729114652j:plain


ナナフシは成虫だけでなく卵も擬態していて分かりにくい昆虫です。

散乱する際は1つ1つ地面に生み落とすように生むのですが、この卵がなんとも種子や木の実のようで分かりにくいです。

ちなみに幼虫は成虫の小さいバージョンのような形をしています。

f:id:akatsuka117:20200729115053j:plain

動きも鈍めなナナフシですが擬態だけでなく身を守る手段を他にももっています

 

1自切を行える

ナナフシはトカゲの尻尾のように足を自切することが出来ます。

そのため身の危険を感じると足を切断します。

この自切した足は幼虫時代であれば脱皮することによって再生することが出来ます。

凄いですよね。

成虫になってしまうと再生はしません

 

2揺れたり、落ちたりする。

ナナフシは風に揺れた枝などのふりをするために体をゆらゆらと揺らします

見つけてつついてみると見事にゆらゆらと揺れていますよ!

時には自らその場から落ちることもあります。

落ちてしまっては再度見つけるのはなかなか困難です。

このような方法でナナフシは身を守っているのです。

f:id:akatsuka117:20200729114729j:plain


ナナフシの特徴といえば単性生殖を行えることもあります。

雌だけで子孫を残すことが出来るのです。

もちろんオスとメスで生殖活動も行えますが基本は単性生殖の昆虫なのです。

そのためオスはとても珍しいのでなかなか見つかりません

では雌だけで繁殖出来るのに何故オスがいるのかという話題が、思い浮かびますがなかなか詳しいことはわかっていないようです


よくナナフシはがあるのか勘違いされがちですが日本に住むナナフシに毒は無いのでご安心ください。


●トビナナフシ

ナナフシモドキやエダナナフシだけでなくトビナナフシというナナフシの仲間も見かけることがあります。

こちらは比較的小さく、緑色の形をしています。

f:id:akatsuka117:20200729114429j:plain

雑木林でよく見られ、クヌギやシイの葉を食べます。

ナナフシモドキなどとは違い小さい羽が生えているのでこの種は飛ぶことが出来ます

f:id:akatsuka117:20200729114439j:plain

 

 

昆虫を観察する時に虫かごがあると便利ですよ。

マルカン ワイドビューBLACK(大)(380×230×250mm) プラケース 虫かご 飼育容器 昆虫 カブトムシ クワガタ 関東当日便

価格:1,069円
(2020/7/29 11:57時点)
感想(14件)

 

●オススメの本

 ナナフシの一緒についての図鑑です。

卵の時代からどのように成長していくのか写真とともに紹介されていて普段見ることが難しいナナフシをよく知ることが出来てオススメです。

うまれたよ! ナナフシ [ 安田 守 ]

価格:2,420円
(2020/7/29 11:53時点)
感想(0件)

 よく見られる昆虫1000種類記載されている図鑑です。

ナナフシも勿論書かれており、ハンドブックサイズで持ち運びもしやすく昆虫観察する時にあると便利ですよ。

昆虫の図鑑 路傍の基本1000種 [ 福田晴夫 ]

価格:1,980円
(2020/7/29 11:52時点)
感想(0件)

 

 


●最後に

今回は私も自然観察で見つけるとテンションが上がるナナフシをご紹介しました。

手を歩く姿や見つかってゆらゆらと揺れている姿はとても可愛らしい昆虫です。

見た目は少し地味ですが。

弱い昆虫でもあるのであまり刺激せず優しく扱ってあげてください!

夏の風物詩 セミ

言わずと知れた夏の虫セミ

いろいろな鳴き声や見た目をしています。

今回は身近で見られるセミたちをご紹介します。

 

セミの生態

セミカメムシの仲間に分類されます。

細長い体に長い口器、短い触覚が特徴です。

体長、体色は種類により様々です。

飛翔能力が高くよく飛び、速度もまぁまぁ早いです。

f:id:akatsuka117:20200726102625j:plain

 

セミよく鳴くことで有名です。

鳴き声や鳴き方は種を判別するのに良い手がかりとなります。

自然の多い場所から都心の公園などまで幅広く生息しています。

基本的には昼行性ですが、走光性もあるため夜、街頭に飛んでいる場面もよく見かけます。

 

セミ卵→幼虫→成虫と変化していきます。

卵は枯れ木や樹皮の裏や隙間に産み、卵から孵化した幼虫はその後土に潜ります

f:id:akatsuka117:20200726102719j:plain

幼虫は木の根に口器を突き刺して養分を吸って生きています。

幼虫は数年間地中生活を行い、その後地上に出てきます。

地上には深夜から明け方までに出てくることが多いです。

しかし近年では地面に潜っている間に開発によって地面がコンクリートで固められてしまっている場合があります。

その場合出てこれずに土の中で死んでしまうのです。開発によってセミも減ってしまいそうですよね。

f:id:akatsuka117:20200726102659j:plain

成虫の寿命は1週間とも言われていますが、実際は2週間から1ヶ月程度と言われています。

成虫は木に口器を差し込み、樹液を吸っています

幼虫、成虫ともに木から養分を吸っています。

 

セミよくひっくり返っていることがありますがこれには理由があります。

飛んだ時に何かにぶつかって落ちてしまう時に重心が背中に偏るためひっくり返って落ちてしまうのです。

f:id:akatsuka117:20200726102839j:plain

またセミは飛ぶ時におしっこを飛ばすと言われています。

これは膀胱が弱いからや、体を軽くするためなど色々な説が唱えられています。

セミは飛ぶ時だけでなく木の液を吸っている時もよくおしっこをします。

セミのおしっこはほとんど水分で有害物質は含まれていません

 

●身近で見られるセミ


アブラゼミ

f:id:akatsuka117:20200726104214j:plain

黒っぽい体に茶色い羽が特徴です。

最も身近なセミとも言えます。

ジーと鳴きます。

f:id:akatsuka117:20200726102646j:plain

 

・ミンミンゼミ

f:id:akatsuka117:20200726104202j:plain

緑と黒の頭に透明な羽が特徴です。

このセミの声は夏が来たーと思わせてくれます。

「ミーンミンミンミー」と鳴きます。

f:id:akatsuka117:20200726103150j:plain

 

ツクツクボウシ

f:id:akatsuka117:20200726103950j:plain

茶色と緑の体色で緑が強いです。

胸にWマークがあるのも特徴です。

小型のセミです。

名前の通り「ツクツクボーシ」と鳴きます。

f:id:akatsuka117:20200726103331j:plain

 
・ヒグラシ

f:id:akatsuka117:20200726104019j:plain

ツクツクボウシと似ていますが茶色が強めな体に、Wマークはありません

小型のセミです。

夕方や明け方に「カナカナカナー」と鳴きます。

f:id:akatsuka117:20200726103355j:plain

 

ニイニイゼミ

f:id:akatsuka117:20200726103502j:plain

羽がマダラ模様でずんぐりとしたのが特徴の小型のセミです。

「ニー」とちょっと耳にキーンとくるような声で鳴きます。

抜け殻には泥がついています。

f:id:akatsuka117:20200726103513j:plain

 

クマゼミ

f:id:akatsuka117:20200726103701j:plain

真っ黒な体に透明な羽が特徴です。

大型のセミです。

「シャワシャワシャワ」と鳴きます。

本来は九州などがメインの生息地でしたが温暖化の影響により生息地が北上し、近年では関東圏内でも見ることができます。

樹木を移動する際に土と一緒に幼虫が運ばれてきてしまったという説も言われています。

f:id:akatsuka117:20200726103714j:plain

 

 

折り畳みができる虫網は持ち運びがしやすくて便利ですよ。

昆虫ハンター PATANT 36 Bタイプ 【 昆虫採集 網 捕虫網 虫取り網 捕獲網 虫捕り網 昆虫網 アミ 】

価格:3,638円
(2020/7/26 10:18時点)
感想(0件)

 

 

●オススメの本

 日本で見られるセミ全種類が記載されている図鑑です。

写真や鳴き声、特徴など詳しく書かれていて、コラムもあり非常に便利でオススメな図鑑です。

セミハンドブック [ 税所康正 ]

価格:1,760円
(2020/7/26 10:13時点)
感想(0件)

 セミの生態や体の仕組みについて詳しく紹介している本です。

鳴き声の仕組みやセミの一日の過ごし方などが書かれており読みごたえがある本です。

セミの一生新装版 (科学のアルバム) [ 佐藤有恒 ]

価格:1,650円
(2020/7/26 10:14時点)
感想(1件)

 

 


●最後に

昔はあみと虫かごをもって色々なセミを追っかけ回したものです。

おかげで途中からは素手で捕まえる癖がつきました。

近年はどこでも見られるというわけでは無くなってしまいましたがたくさんいる場所では捕まえたくなる衝動に駆られてしまいます。

セミの鳴き声が聞こえたらききながらぼーっとするのもオススメです!